Youtube広告とは? | Youtubeで稼ぐ方法 ユーチューバー収入

未分類

Youtube広告とは?

投稿日:2017年4月8日 更新日:

Youtube広告とは

Youtube広告とはテレビCMに比べて費用効果が安く効果があります。まずは視聴者をターゲットとして選べる利点があります。
テレビCMの場合ある程度地域を選べることはありますがyoutube広告は地域だけにとどまらず年齢、性別、キーワード、時間帯を指定することができる利点があります。
またURLを指定して配信する場所を絞って広告配信もできるため大きな効果が見込めます。
インターネット広告の効果は露出度にあり、クリックされることに生じるレスポンス効果にあります。

テレビCMは莫大な予算がなければ放映できませんがYoutube広告は費用をそんなにかけずに配信できるので、インターネット広告としては非常に人気があります。
動画広告を使用しているマーケティング部門は動画を使用している76パーセントのうち60パーセントがyoutube広告は効果的だったと答えています。
動画の配信先としてyoutube広告は25.3パーセントがプラットフォームとして有効であったと答えているほど効果の見込める広告です。
テレビCMは予算が莫大にかかりますがyoutube広告もテレビCMと同様の効果が得れると言っていいです。

Youtubeサイトのユニーク数は5066万人、facebookが2200万人であることから多くのユーザーがいることがわかります。
Facebook広告は3秒もすれば一カウントとされますがyoutube広告は30秒以上経過しないと一カウントとして課金されないため
見てくれた人にだけ課金される仕組みです。

またYoutube広告は音や映像でしっかり動きで見せれるという利点があります。Youtube広告は動画によるイメージ戦略に強くfacebook広告は動画自体の求心力は弱い傾向にあります。
Facebook動画のデメリットはタイムラインで埋もれ最後まで見てもらえない傾向にありますがYoutubeコンテンツは永久に閲覧してもらえますし、動画を継続的に配信することでチャンネルのファンも増えます。




Googleはキーワードとして動画を載せることによって動画検索結果ページに表示し、Google検索結果もあがる傾向があります。
Youtube広告は多くのオーディエンスがいるため広告効果は非常に良く、認知の獲得やwebサイトの誘導に非常に良い効果が見込めるでしょう。




広告の集客率はYoutube広告が35%、折り込みチラシが34%、ポスターが14%、ポスティング広告が9%、その他が8%であり、Youtube広告がダントツ一位のデータがあります。
インターネットの広告の中でも非常に大きな割合を占めている広告なので、当社にお任せください。(しかし当社のサービスは売り上げを完全に保証するものではありませんので、ご理解ください)

以下はYoutube広告による平均再生時間と平均再生数を表したものです。時間をたつごとに再生数は上がり、視聴者の再生時間も長くなる傾向にあります。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

少し疲れたら休憩しよう

音楽で休憩しよう。音楽には癒し効果があるんだよ。実際私もYoutuberなので曲を載せとくね。 皆さんも何か動画をあげてみてね

Youtube広告と言う動画広告について

Youtube広告と言う動画広告について:近年私たちはスマートフォンを手にして新しいタイプのライフスタイルを確立しました。 そこでネットビジネスなる新たな事業として話題となっております。 以前ではアフ …

Youtube広告活用方法

Youtube広告活用方法 Youtube広告は見て終わりじゃない。 御社サイトに誘導できる強みを持っています。Youtube広告視聴後にYoutubeからリマーケティングを活用しサイトへ誘導にも繋が …

Youtubeアプリ スマホで大画面で見るにはどうしたらいいか?

Youtubeアプリ スマホで大画面で見るにはどうしたらいいか?:好きな動画を迫力あるように大画面で見たい!スマホでもできるんです! やり方は簡単。横にも縦にもできるので好きなように見ることが出きます …

外人のYoutuber

外人のYoutuber登場!皆さんもYoutuberになりましょう。うまい声の人がいて依頼したよ!すごくうますぎてびっくりしちゃった